日本語教師の資格取得に必要な条件と費用相場

レディ

国内でも英会話する機会

社会のグローバル化が進み、海外諸国との人的、物的交流が増えているので、英語で会話する機会が増えています。このため、学校に配置されているネイティブスピーカーと会話したり、パソコンやスマートフォンあるいはDVD等の教材を使って聞き流し方のスピードラーニングに力が入っています。

日本語の先生になりたい

女性たち

日本語教師とは、日本語以外を母国語とする外国人に対して、日本語を教える先生のことです。日本語教師の特徴としては、教員免許等の特別な資格がなくても活躍できることが挙げられます。とはいえ、外国人に日本語を教える仕事ですから、日本語教師にはコミュニケーション能力と高い言語能力が必要とされます。資格が不要だからといって、決して簡単な職業ではありません。実際に、日本語教師として活躍している人の大半は、日本語教育能力検定試験に合格していたり、養成講座を修了していたりします。また、大学で日本語教育を専攻していた人は、比較的採用されやすいとも言われています。外国でも、家庭教師等で日本語を教えている人がいるため、日本語教師は、今や世界各国で活躍しています。

日本語教師を目指す際に気をつけるべきことは、以下の2点です。第一に、意外とお金がかかるという点です。日本語教師になるには、特別な資格は不要ですが、高度な日本語力が要求されます。そのため、日本語教師を志す人は、まず養成講座に通う人が多いです。この養成講座にかかる費用は、予備校入学金と授業料を合わせて50万円を超えてしまうことがほとんどです。そのため、初心者から日本語教師を志す人は、まずお金を貯めておく必要があります。第二の注意点は、海外で働く場合は、大卒以上の学歴が必要となることがあることです。海外で日本語教師をする場合、就労資格を得る必要が出てきますが、国によっては、就労ビザの取得要件が「大卒以上」となっていることがあります。活躍の場を海外に広げたい人は、注意してください。

英語

画期的な英語学習

スピードラーニングは、勉強に対しての意気込みは必要なく、英会話と聞き流すだけで英会話のスキルが身につくことが魅力の1つとなっています。ネット上では、利用した人の体験談などを閲覧することが可能であり、体験した人の中には、日本語と英語を交互に繰り返し聞き続けることで、リスニングの能力が身についたという人もいます。

ウーマン

英語学習に適した都市です

東京の英会話学校は数も多く、さまざまなレベルや目的に応じて広い選択肢の中から選ぶことが可能になっています。ここでは特に優秀なネイティブの先生に会う可能性が高く、また通いやすい場所にあるところが多かったり、友人との交流を楽しめるなど、多くの利点があります。