胸の悩み

おっぱいの垂れを治すには?垂れた胸を戻すブラの付け方や対策法を解説

更新日:

出産後や授乳後は、おっぱいが垂れてしまいがちです。

一方で、10代や20代の若い女性の間でも、

出産とかしていないのに、おっぱいが垂れてきたような気がする…。

と悩んでいる方は意外と多いです。

今回は、

  • おっぱいの垂れを治す方法
  • 事前にできる垂れ対策法

についてご説明します。

この記事を読むと分かること

  • おっぱいはなぜ垂れてしまう?
  • 垂れたおっぱいは治るの?
  • おっぱいを垂れさせないための対策法とは?

おっぱいが垂れる原因とは?

どうしておっぱいは垂れてしまうのでしょうか?

毎日ちゃんと下着つけているのに!

実は、知らず知らずのうちに間違った生活習慣によって垂れてしまっているのです。

原因①体重の増減が激しい

  • 若い女性:過激なダイエット
  • 妊娠前後:体重の増加

おっぱいは、約90%が脂肪からできています。

体重が増える=太ることでおっぱいの脂肪も増加し、それに伴って周囲の皮膚も伸びます

その後、ダイエットなどで急激に体重を減らすと、おっぱいの脂肪も一気に落ちます。

しかし、伸びた皮膚は元に戻らないので、結果としておっぱいが垂れてしまうのです。

原因②激しい運動をしている

おっぱいが揺れるほどの激しい運動をしてしまうと、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまいます。

クーパー靭帯とは

乳腺と筋肉及び皮膚をつなぐコラーゲン組織の束のこと。

このクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりしてしまうと二度と元には戻りません

その結果、おっぱいが垂れた形になってしまうのです。

原因③猫背など姿勢が悪い

実は、おっぱいが垂れる原因には血行不良も関係しています。

特に肩甲骨や大胸筋付近の血行が悪くなると、おっぱいが冷えてしまいます。

おっぱいは冷えるとハリを失うので、そのまま垂れてしまうのです。

原因④適切なブラを選んでいない

自分の体に合ったブラ選びは非常に重要です。

普段の生活をしていると、ブラはズレてきてしまいます。

本来であればその都度ブラの位置を調整することが望ましいのですが、ズレを直さずに過ごす女性が非常に多いです。

ズレた位置のままブラをつけているとおっぱいが潰されてしまい、垂れたり形が崩れる原因になってしまいます。

あまりにもブラがズレる場合は、

  • サイズが大きすぎる
  • サイズが小さすぎる

などの理由が挙げられるので、一度ブラ選びを見直すことをおすすめします。

原因⑤不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ

女性ホルモン(エストロゲン)は、おっぱいのハリを保つ効果があります。

しかし、ホルモンバランスが乱れるとエストロゲンが分泌されなくなり、おっぱいのハリを保てずに垂れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れる原因には、

  • 加齢
  • 夜更かし
  • 過度のストレス
  • 偏食

などがあります。

規則正しい生活を送ることが、綺麗なおっぱいを作るためには欠かせません

おっぱいの垂れを治す方法とは?

一度垂れたおっぱいは諦めるしかないの…?

垂れたからと言って、諦めるのはまだ早いです!

実は、垂れたおっぱいを治す方法があるのです。

おっぱいの土台を鍛える

おっぱいの約90%は脂肪ですが、その土台は筋肉です。

脂肪を鍛えることはできませんが、筋肉は鍛えることができます。

土台となる筋肉を鍛えることで、ツンと上向きのおっぱいに近づけることができます。

合掌のポーズ

おっぱいの前で手を合わせる合掌のポーズは、土台となる「大胸筋」を鍛えるために効果抜群です!

ポイントは、

  • 手の平同士を押し合うようなイメージ
  • 猫背にならないよう正しい姿勢を意識
  • 胸の前、顔の前をそれぞれ5秒程度ずつキープする

という点です。

とても簡単に「大胸筋」を鍛えることができるのでおすすめです!

ヨガも効果的!

筋トレはしんどそうだからちょっと…。

という方は、自宅で簡単にできるヨガを取り入れましょう!

リラックス効果もあるので、一石二鳥です♪

弓のポーズ

  1. うつ伏せになり、足首を外側からつかむ。
  2. 上半身を反らしながら、目線は少し上にする。この時、呼吸は止めずに吸いながら行う。
  3. 5秒程静止し、ゆっくりと膝を床につける。

木立のポーズ

  1. 右足は左足の膝上あたりに足の裏からしっかりつける。
  2. 胸の前で一度合掌をし、息を吸いながら腕を頭上まで上げる。
  3. 猫背にならないよう、かつ背中を反り過ぎないように注意する。
  4. 真っすぐ前を向いた状態でゆっくり深呼吸をし、30秒程キープ。
  5. 腕をゆっくりと肩の高さまで下ろし、右足もそのまま床に下ろす。
  6. 左足でも同様に行う。

バッタのポーズ

  1. うつ伏せになり、手の平を上に向けて両手を伸ばす。この時、脇が開かないように注意する。
  2. 息を吸いながら、胴体と両手が床と平行になるよう上に伸ばす。
  3. 両足の太ももの付け根を床から離すイメージで、足の指先をしっかり伸ばしながら30秒程キープ。この時、ゆっくりと呼吸をする。
  4. 息を吐きながら元の姿勢に戻す。

魚のポーズ

  1. 仰向けに寝て、両足は足先までしっかりと揃えて伸ばす。
  2. 両脇を閉め、手の平は下向きに。
  3. 息を吸いながらお尻を床から少し浮かせる。
  4. 手の平をそのままお尻の下に入れる。
  5. 肘はなるべく伸ばし、両腕を体の下に入れるようなイメージで寄せていく。
  6. 肘で床を押すようにして、胸を天井に向けて持ち上げるようにする。
  7. 頭頂部は床につけたまま、首は伸ばすイメージ。
  8. そのまま30秒程、深呼吸をしながらキープ。

女性ホルモンを食事で補う

女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをする食材を使い、食事を通じておっぱいの垂れ対策をすることができます。

おすすめ食材と効果

  • 大豆製品(豆乳、豆腐、もやしなど):イソフラボン
    イソフラボンはエストロゲンと似た構造をしている上に、働きもほぼ同じなので女性にとっては強い味方です。
  • りんご、キャベツ:ボロン(ホウ素)
    ボロン(ホウ素)はエストロゲンの分泌を促し、血中濃度を高める効果があります。
  • 鮭、鶏ささみ:タンパク質
    良質なタンパク質は土台となる筋肉にも良い影響を与え、エストロゲンの材料にもなります。

綺麗なおっぱいには正しい下着選びがマスト!

垂れを治す、もしくは改善するための方法をご紹介しました。

とは言え、女性のおっぱいにとって不可欠なのがブラですよね。

  • 正しいサイズを選んでいるか?
  • 正しく着用しているか?

という点は非常に重要です。

ブラを正しく着けることが美乳への近道

  1. 体を前傾姿勢にする。
  2. 背中や脇のお肉をしっかりブラまで流し込む
  3. 体を起こしたら、脇下あたりのお肉もブラに入れる。
  4. 真っすぐ前を向き、お肉がブラの上に乗っていないか?隙間はないか?というチェックをする。

ブラは一日中つけたままだと、大なり小なりズレが生じます。

ズレてきたなと感じたら、その都度適切な位置に戻しましょう。

寝ている間こそおっぱいが垂れる危険性大!

下着選びが重要なのは分かったけれど、もっと手軽にできる対策法はないの?

日中の対策法はたくさんありますが、実際おっぱいが垂れてしまうシーンが多いのは夜寝ている間です。

夜寝ている間におっぱいが垂れる理由

  • 寝返りを打つことでおっぱいが動き、皮膚にダメージを与える
  • うつ伏せ寝をしてしまい、おっぱいが潰れる
  • ノーブラだとおっぱいが横に流れてしまう
  • 長時間ノーブラでいると、おっぱいが間違った形状を記憶してしまう

寝ている間の対策にはナイトブラがおすすめ

就寝中、たとえブラを着用していてもズレたら直せないので元も子もないですよね。

かと言って、ワイヤー入りのブラはワイヤーの当たる部分が痛くてぐっすり眠れないなんてことも。

だからこそ、寝ている間の垂れ対策にはナイトブラが一番相応しいです。

ナイトブラは、

  • 締め付け過ぎず、着心地抜群
  • 肌触りが良い
  • おっぱいはしっかりホールドしてくれる
  • 正しい位置でおっぱいをキープしてくれる
  • 寝返りを打ってもおっぱいが横に流れない

といメリットがあります。

さらに詳しい情報はこちらの記事にまとめてあるので、是非参考にしてみてください♪

【まとめ】おっぱいの垂れは対策次第では治る

いくら子供のためとは言え、それでも垂れたおっぱいを見るのは悲しいですよね。

私も息子を出産し、自分の垂れたおっぱいを見て衝撃を受けた記憶があります。

垂れちゃったおっぱいは、もうどうすることもできないのかな…。

と諦めるのは早いですよ!

  • 正しい対策方法
  • 早めに手を打つ

という点を意識することで、垂れたおっぱいは治るのです。

もちろん、一日二日で元に戻るわけではありません。

しかし、継続することで必ず何らかの変化をもたらしてくれます!

適切な方法でバストケアを行いましょう♪

胸の悩み

2019/11/9

おっぱいの垂れを治すには?垂れた胸を戻すブラの付け方や対策法を解説

出産後や授乳後は、おっぱいが垂れてしまいがちです。 一方で、10代や20代の若い女性の間でも、 出産とかしていないのに、おっぱいが垂れてきたような気がする…。 と悩んでいる方は意外と多いです。 今回は、 おっぱいの垂れを治す方法 事前にできる垂れ対策法 についてご説明します。 この記事を読むと分かること おっぱいはなぜ垂れてしまう? 垂れたおっぱいは治るの? おっぱいを垂れさせないための対策法とは? 目次1 おっぱいが垂れる原因とは?1.1 原因①体重の増減が激しい1.2 原因②激しい運動をしている1.3 ...

ReadMore

-胸の悩み

Copyright© 乳活ちゃんねる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.